×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



医療現場でも使用される
ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリ
【ヌーススピリッツ】


パニック障害の悪化と鬱の併発

朝から激しいめまい(横になっていても天井が回っていた)に吐き気と動悸に教われました。パニック発作でした。仕事を休み、休養していましたが、涙が止まらず、泣いて、泣いて、泣きはらしました。

翌日も体調は回復せず、夫が会社を休み、私を病院へ連れて行ってくれました。

診断結果は、 「パニック障害」と「軽度の鬱」でした。

夫も同席し、診断を聞いてくれました。 また、母も病院へ来て連れ添ってくれました。

今まで順調に減らしてきたお薬を増やし、 新しいお薬、頓服も処方されました。 辛くて悲しくて申し訳なくて、涙が止まりません。

思い起こせば、5月の上旬から、 ずいぶんとたくさんのSOSが身体から発せられていました。

・動悸
・吐き気
・腹部不快感
・はげしいめまい
・情緒不安定
・頭痛
・息苦しい
・早朝覚醒
・熟眠障害 ・胃腸炎
・背痛
・わき腹痛
・寝違え(疲れると必ずなる)
・爪が取れる
・微熱
・頻尿(尿意のみ)

これだけあったのに、仕事のことばかり考えていました。 パニック障害になったときに、 自分の身体に気をつけることが、 いかに大事かと心に刻んだはずなのに、 忘れていたようです。 情けないです。

お医者様には 「今すぐ仕事を減らしなさい。  そうでないと、鬱病になりますよ」 と、言われました。 「夕飯はこれから、毎日外食、  もしくは、出前、だんなさんが作る!」 とも言ってくださり、家事も楽させてもらうことにしました。 (もともと楽してたんですが・・・)

夫とともに職場に行き、事情を話しました。 仕事を少なくしてもらうことができました。

たくさんの方に迷惑をかけ、 心配をかけ、反省しています。

少しだけ体が元気になり、 職場に行くこともできました。