×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



“ココロとカラダのストレス対策ができる!?”
特許取得の天然サプリ【ヌースサプリメントシリーズ】


パニック障害の治療の注意点〜普段の生活〜

発作が起こらなくなってきたから、お薬も減ってきたから、といって、生活のペースがめちゃくちゃでは、パニック発作どころか、体に悪影響です。
朝起きる時間と夜寝る時間をきちんと決め、早寝早起きを心がけましょう。また、朝日を浴びることは、セロトニンの分泌を正常にするといわれています。眠くても、一度起床して、太陽の光を浴びましょう。眠たければお昼寝をしましょう。
また、風邪には要注意です。風邪を引くと発作が起こりやすくなるそうです。普段からの健康管理が大切です。

それから、ストレスをためたり、嗜好品(コーヒーとかたばこ)を摂取しすぎると、体によくありません。つまり、パニック障害の治療にも悪影響です。お風呂にゆっくり使ったり、軽い体操をしたりして、気分を和らげましょう。