×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





服用した薬 パキシル
製品名:パキシル
一般名:塩酸パロキセチン水和物錠
剤形:錠
主な作用:この薬はとくにセロトニンの受容体(脳神経細胞への受け入れ口)を特異的、選択的に遮断することによってセロトニンの取り込みを阻害して、うつの症状やパニック障害に改善効果を示します。
服用期間:0〜6ヶ月−朝1錠・夕2錠 7ヶ月〜24ヶ月−夕2錠 25ヶ月〜現在−夕1錠   

メイラックス
製品名:メイラックス
一般名:ロフラゼプ酸エチル錠
主な作用 同じ系統の薬の中でも、とくにおだやかな鎮静催眠作用をもち、精神的な不安・緊張によるさまざまな症状に用いられます。
服用期間:0〜2ヶ月−朝1錠・夕1錠 3ヶ月〜5ヶ月−夕1錠

ワイパックス
製品名:ワイパックス
一般名:ロラゼパム錠
主な作用:おだやかな鎮静作用と軽い催眠作用があり、筋肉のこりをほぐす作用もあります。神経症だけでなく、消化性潰瘍などを伴う精神的緊張や、自律神経失調症などによる不安などをやわらげます。
服用期間:発作が起きたときに1錠(結局1錠しか飲んでいない)