×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





精神療法 〜認知療法〜

パニック障害は、どうした起こるのか?ということを知り、発作のときに、その知識を有効活用することが、認知療法の1つです。
「発作だ!」と思ったら、「あ、明日、締め切りだからかな」とか、「今日、アイツにいやみなこと言われたもんな」とか、その原因となることを、考えます。もちろん、精神的なものだけではなく、「寝不足だからな」とか「薬を飲み忘れたからだな」とか、生活のことも原因となると、認識します。これをすることによって、「ただ不安」なだけよりも、発作をコントロールする力が増します。