×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



医療現場でも使用される
ウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリ
【ヌーススピリッツ】


パニック障害の症状1


〜パニック発作〜
パニック障害の症状は、人によって多少違ってきます。
一般的には、突然強い不安感に襲われることが多いです。
それとほぼ同時に、「めまい」「動悸」「吐き気」、「手足が冷たくなる感覚」、「手足のしびれ」「非現実感」などを感じます。 これらの症状が起こることを「パニック発作」といいます。
そのときには、「死ぬのではないか」「狂ってしまうのではないか」という恐怖に襲われます。(実際そんなことはないのですが) この発作は、ある一定時間がたつと、治まる。時間は10分程度から、30分ほどかかる人もいます。
症状は心臓発作に似ていることもあるので、死ぬのではないかとと思い、このため救急車で病院にかかることが多いものです。


パニック障害の症状2
〜予期不安〜
パニック発作を体験すると、「また発作がおこるんじゃないか」と、不安に感じる。 これを予期不安という。これは、次の広場恐怖とともに、行動範囲を狭める原因になります。


パニック障害の症状3
〜広場恐怖〜
電車の中、映画館、デパートなど、人が多くいるところで発作が起きると、その場から離れたり逃げたりするのが難しい、という感覚に陥り、これらの場所を避けて家にこもりがちになったり、特定の乗り物に乗れなくなったりします。このような症状を広場恐怖(アゴラフォビア)といいます。また、そのような場所に出かけるというプレッシャーから、発作になる人もいます。